chestnut_kawase

甘くて♪新鮮(^ ^)
栗博士☆

川瀬さんの作る♪

つやつや輝くとっても大きな
「越後和栗」☆栗農家さん♪

みなさまこんにちは☆ もぉすっかり秋ですね(^ ^)

そして秋といえば「栗」ですね!!♪
最近「栗ごはんが食べたい!!」という欲求にかられ♪

美味しい栗を求めて☆ 五泉市の方まで足をのばしてまいりました(^ ^)

今回おじゃまさせていただいたのは♪

五泉市・牧の栗農家さんである専業農家さん♪

とってもお優しい栗博士(^ ^)! 川瀬さんのお宅に伺ってまいりました♪

とっても大きくて!つやつやピカピカ☆ 一瞬みただけで食べたい!!
と思ってしまうような すごく立派な和栗さんですね(^ ^)♪

私もはじめて見せていただいたときは やっぱりとても!ビックリぎょうてん!(◎_◎ )

まるでオイルをぬったような艶立ちで!!

絶対スーパーなどではお目にかかれない!! 高貴な栗の女王様がそこにいらっしゃいました!(◎_◎;)

やっぱり大自然お力はすごいなあと その時に私、感じました次第です!(◎_◎;)

みなさんご存知でしたか??

「栗」も生もの!! 鮮度もすごく大事なんだそうです!

「栗」は「種子」♪ 栗の木のあかちゃんです(^ ^) そう考えるとやっぱり大事にしてあげなきゃですよね(^ ^)♪
「栗」にとって一番居心地がいいのは、「冷蔵庫での冷蔵保存」♪
意外に低い温度ですよね!

これは種子である栗を眠らせて 無駄な力を使わせずに鮮度を保つためなんだそうです!

家庭の冷蔵庫では、冷蔵室よりも 「野菜室」で保管する方が良いとのことでした♪ なるほどなるほど♪

それと、さつまいもと同じように1ヶ月間寝かせてあげると 糖度が増してもっと甘く美味しく頂けるそうなのです(^ ^)!

この2つのポイントでますます おいしくいただけちゃいますね!!

これは全て栗博士の川瀬さんからお聞きしました(^ ^)

川瀬さんの和栗は今から30年前に植えられたもので、 今ではとてもりっぱな栗の木に育っていました(^ ^)

普段はお米などの専業農家さんなのですが、川瀬さんの一念発起で代々伝わる山を、なんとご自身お一人で開墾され、
栗の木を、年々植樹されていったそうです!

栗の木が増え、収穫量も多くなると、道路までもご自分お一人で設置されたりと、 栗栽培への愛とバイタリティ、知識は本当にすばらしいです!

観光農園ではなく純粋に専業農家さんなのですが、
小さいお子様方むけに栗拾いの体験を快く引き受けられたり、

これからの日本の農業についても真剣に考えてみえたり、

また私たちエンドユーザー方のことも大切に考えてみえる川瀬さんは、本当に尊敬できる新潟、
いえ日本にとって大切な方です(^ ^)

■取材データ
米・栗農家 川瀬さま

■所在地: 〒959-1748 新潟県 五泉市 牧 866

お電話
ミントウーマン見たとお伝えください😊何かいいことがあるかもです♪

■TEL. 0250-58-4363(川瀬さん宅)

※観光栗園さんではなく、専業農家さまですので、一般公開などはされているわけではございませんのですが、ご予約などいただければ栗の直売、お子様むけに栗拾いなど対応していただける場合もございます。



コメントは受け付けていません